INTERVIEW

インタビュー

インタビュー画像

INTERVIEW

石本 剛志TAKESHI ISHIMOTO

お客様との信頼を肌で感じることができた時に1番やりがいを感じます。

所属

:船舶販売(営業)

役職

:セールスマネージャー

在籍年数

:11年

年齢

:30代

性別

:男性

入社経緯、入社前と入社後のギャップや入社して良かったことについて教えてください
私は、アルバイトから正社員になりました。
滋賀県が地元で親戚が小さいマリーナを経営していました。記憶がない時から琵琶湖で遊んだり、お客様の船に乗ってブラックバス釣りに行ったりしていました。中学生からはウェイクボードをやり出したりしていたので、マリン業界の仕事には興味がずっとありました。アルバイトの期間は、仕事に対する面白さが増してきてやりがいも非常に感じていたので、正社員になることを決めました。
正社員になってからの1番のギャップは責任の重さの違いです。正社員では、もちろん最後の結果を強く求められます。その分プレッシャーも大きいのですが、結果が出た時のやりがいは計り知れないです。特にお客様から直接「ありがとう!」と言う言葉を頂けたり、遊びに来られる回数が多くなったり、船を私から買ってもらえる事も多くなってきたので日々やりがいに溢れています。本当に入社して良かったなと思います。
お仕事のやりがいについて教えてください
お客様との信頼を肌で感じることができた時に1番やりがいを感じます。
お客様は富裕層の方ばかりなので、立ち振る舞い等が身についていない最初の頃はかなり苦労しました。営業として学ばなければならないことも多くて、苦しい時期や大変な時期はもちろんありました。そんな時期を乗り越え、お客様から名前で呼んで頂けるようになった時や意見を求めて頂けるようになった時、次の機会もよろしくとご期待を頂けた時は自分の成長を実感し、お客様からの信頼を肌で感じます。
自分が学び成長すればするほど、お客様からの信頼が大きくなり喜んでいただける事も増えるので、本当にやりがいの溢れる仕事だと思います。
インタビュー
休日はどんな過ごされ方をしていますか
シーズンではない秋から春にかけては家族でキャンプに行くようにしています。ハイシーズンは特に平日休みが多いので、子供たちの世話とか料理を作ったりしています。何もしないと妻からのクレームになってしまうので、それを無くすように家庭での取り組みはしていますね。笑
あとは仕事と休みの割り切りが得意では無いので、休みの日でも会社に来たりして仕事をすることもありますね。
学生に一言頂いても良いですか
夢と情熱と遊び心は持ち続けて欲しいです。当社で働く仲間は常に持ち続けていますし、社長は特に一番熱いです。たまについていくことが出来ないって思うこともあるくらいです。笑
でもそんな環境だからこそ、関わるお客様を幸せに導くことができるんじゃ無いかと思っています。そんな環境で一緒に働いてみたいって思う方は、ぜひ一度お話をしてみたいです。
インタビュー
佐伯

お客様に顔と名前を覚えて頂き、感謝の言葉を頂いたり幸せな姿を見る事ができた時に、心からの幸せを感じます。

SAEKI

佐々木

相手のことを考えて提案し、信頼を得られた時に非常にやりがいを感じます。

SASAKI

守本

お客様の喜ぶ姿を想像しながら料理を創ったり、直接感想を頂いたりした時にやりがいを感じます。

MORIMOTO

堀澤

日々、少しずつ前に進んでいることにやりがいを感じています。

HORIZAWA

田中

お客様に喜んでもらえて「こいつに任せておいたら大丈夫」という信頼を実感した時にやりがいを感じます。

TANAKA

長谷川

お客様から直接感謝の言葉を聞けるというのがやりがいですね。

HASEGAWA

石本

お客様との信頼を肌で感じることができた時に1番やりがいを感じます。

ISHIMOTO

01

07